化粧水はエイジングケアの基本となること

化粧水の役割は肌への水分補給にあり、この水分補給がエイジングケアの大きなカギになります。


肌は乾燥すると紫外線やほこり等の外的要因に弱くなるため、乾燥肌の人ほど肌機能が衰えているとされています。

そのためまずは肌に保湿成分をたっぷりと与えることが肌機能を向上させるポイントになるのですが、肌機能を向上させることがなぜエイジングケアにつながるのでしょうか。
エイジングケアというと美容液を使用し肌に美容成分を浸透させようと考える人は少なくないと思います。

化粧水のエイジングケアの情報がてんこ盛りのサイトです。

しかし美容成分を肌に浸透させるためには、肌が潤い柔らかい状態でないと肌の奥にまで届けることが出来ません。

つまり乾燥して肌機能が衰えている状態に美容成分を浸透させようとしても、効果的ではないということです。そこで化粧水の登場です。ヒアルロン酸やコラーゲン等、保湿成分がたっぷりと含まれている化粧水を使用し、肌へ水分補給をしっかりと行うことで肌は柔らかくなり、その状態で美容液を使用することで水分と共に美容成分を肌の奥への浸透を可能にします。その後、乳液やクリームの様な油分の多い物を最後に塗ることで肌に蓋をし、水分と美容成分を閉じ込めることが出来ます。

OKWave情報に精通したサイトです。

もちろん肌が乾燥しているのであれば、長期的に化粧水を使用しなければ肌質が改善することは難しいですが、肌機能が改善することで美容成分を浸透させエイジングケアにつながります。



化粧水がエイジングケアの基本となるのはこのためなのです。